外貨投資と日本人の資産運用

外貨についてまとめました。資産運用についても見ていきます。

Uncategorized

投資金額はよく考えて調整しよう

外貨両替を始めようと思ったとき、手持ちの資産をすべて投入するのはおすすめできません。 失敗したときにリカバリーがきかず、下手をすると日常生活に支障が出てしまうおそれがあるからです。

「大きくかけたほうが、いっぱい儲かるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、 投資は必ず成功するものではなく、常にリスクと隣り合わせの環境で取引をしなければなりません。 ましてや外貨両替を初めて行う方が最初から成功する可能性は極めて低く、現実問題、失敗する回数のほうが多くなってくるでしょう。

もちろん損失をゼロにするのは無理ですし、失敗から学べることも実際多いです。 一見して矛盾するように感じるかもしれませんが、これは外貨両替に必要な考え方と言っても過言ではありません。 ではできるだけリスクを減らしつつ、失敗しても大丈夫な環境というのはどのようにして作っていけば良いのでしょうか?

答えは簡単。資金を分けてしまえばいいのです。 まずないとは思いますが、仮に外貨両替に入れていたお金が全額なくなっても支障がないように投資金額を調整します。 当然まとまった利益を得るためにはある程度の資金が必要になってくるので、その辺りも考えなくてはいけません。 金融取引をしていくうえでは”リスクヘッジ”の考えはとても重要で、投資のパターンを複数用意しておくことで、全滅を避けることができます。

たとえば他のある投資では結果が芳しくなくても、外貨両替は調子が良く、収益を上げているといった場合です。 このように投資は一本に限定するよりも分けたほうが安全で、外貨両替をするときも全額投資するのではなく、投資金額の調整を行いつつ着手するのが賢明と言えるのです。

LEAVE A RESPONSE

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You Might Also Like