外貨投資と日本人の資産運用

外貨についてまとめました。資産運用についても見ていきます。

Uncategorized

円が暴落した場合の生活

円が暴落、つまり急激な円安となった場合、当然のことながら我々の生活にも大きく影響を及ぼすことが考えられます。

まず、円安によって輸入の際に支払う額が円高の時と比べて高くなってしまうことから、日本は海外から輸入しにくい状態隣、日本がそれまで輸入していた商品の価格は急騰することとなります。エネルギー、食料品、資材と言った多くのものを輸入に頼っている日本とって、急速な円安は物価の急上昇をまねきかねません。もちろん、景気が好転している中で物価が上がっても、賃金も上昇していることが考えられますのであまり問題とはなりません。しかし、円が暴落して財政不安が高まり、消費が冷え込んでしまっている中で物価が上がってしまうと、賃金上昇が見込めない多くの人はさらに消費を控えることとなり、景気は著しく悪化の一途を辿ってしまうこととなるのです。また、緩やかに円安が進むことも問題とはなりません。日本にとって輸出競争力が高まり、海外からの旅行客も増えるので消費も促進され、株高による資産効果によっても個人消費が刺激されるからです。しかし、円が暴落して海外から輸入できなくなるといった日本の購買力が低下した状態となると話は別で、国力が低下していると判断され、さらに円安が加速してしまう可能性があるのです。

日本の少子高齢化の問題は、すぐに財政不安に結びつかないにしても、解決策がなかなか見いだせないので、潜在的な不安として今後の日本の経済を左右しかねません。となると、日本円だけで資産を運用するという今までの方法は、少し考えた方が良いかもしれません。円暴落というリスクを分散するためにも、外貨を持っておくことは必要なのです。

LEAVE A RESPONSE

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You Might Also Like