外貨投資と日本人の資産運用

外貨についてまとめました。資産運用についても見ていきます。

日本人の資産運用

日本の家計(家庭)は、資産の運用がとても「保守的」であることがしばしば指摘されています。ある統計調査によると、家計の金融資産総額のうち、約半分は現金または預金となっており、それに保険・年金準備金、株式、投資信託、債権といった形で続いています。たしかに、日本人の中では古くから「貯金すること」が最良で安心の行動と思われている節があり、持っている資金に対し、リスクをとって増やそうとする行動は、博打やギャンブルであり「危険だ」という風潮があります。また、そうでなくてもデフレ状態にあった少し前の日本では、現金は持っているだけで価値が上がることになるので、実際に現金や預金という方法による資産運用は理にかなっていたといえます。

しかし最近になって政府によるデフレ脱却政策が行われるようになったこと、または日本銀行が大規模な金融緩和を続けていることから、物価の下落に歯止めがかかってきました。物価上昇率は政府が掲げている目標には及んでいないものの、今後も物価を上昇させようとする政策は続けられていくとみられていますので、一転して現金の価値は下がり続けることになります。現金の価値が下がっていくインフレになった場合、たとえばそれまで預金していた資産が目減りしてしまうということが考えられます。

そこで資産運用の対応をしようとなりますが、国内で預金をしたところで金利はほぼゼロなのでリターンはほぼ見込めませんし、株式だけに資産を投じてしまうのもリスクが高く、安心・安全とは決して言えません。ある程度のリスクは伴いながらも安定したリターンを求めようとなった場合、どうしても外貨投資という選択が必要になってくるのです。