外貨投資と日本人の資産運用

外貨についてまとめました。資産運用についても見ていきます。

政府によるデフレ脱却政策

失われた10年、または失われた20年とも言われた日本を襲った深刻な不況から脱却するため、近年、日本政府によって経済政策が立て続けに出されています。この一連の政策においては、デフレによって国民の間に薄れるようになっていた、リスクをとって何かをしようとする気持ちを喚起しようとする、環境の整備が含まれています。株式や投資信託といった方法で自身の資産を運用すると課税されます、これを毎年一定額非課税とし、個人投資家を増やそうとする、少額投資非課税制度が始まったことがその一例です。日本の国内企業への株式投資はもちろんのこと、FXなどに見られる外貨を利用した投資も広い年齢層で行われ始めています。

もちろん株式の購入は外貨投資にはリスクがあるということは最低限理解しておくことが重要です。そしてリスクをなるべく回避するためにある程度の知識や展望を持ち、戦略的に投資をすることで、自身の資産を減らすことなく効率的に運用できるようになるのです。

そのためには何よりも「減らさない(損をしない)運用を心がける」ことが大切です。ノーリスク・ハイリターンは、投資に限らず様々な点であまり期待することができません。よって、リターンを得るためにはリスクを取らなければなりません。外貨預金について考えてみると、銀行の円預金にすべてを預けたとしてもよいはずですが、あえて外貨預金に投資しているリスクをとっています。しかし、これだけリスクをとっているのだからといって、リターンを求め過ぎてしまうことはなるべく避けた方がよいでしょう。損する可能性を含めつつ、それをいかに最小限にとどめていくかを考え、運用していくことが大切なのです。