外貨投資と日本人の資産運用

外貨についてまとめました。資産運用についても見ていきます。

円の安全性

日本の家計における、金融資産総額の約半分は現金または円の預金となっています。これは日本特有の保守的な資産運用の結果だといえますが、そもそも「円」を保有していることが安心・安全なのかといったことは考えておく必要があります。

たしかに近年、外国人投資家たちによって日本企業の株式が買われており、平均株価が上昇しています。その要因は、円安による企業の業績回復、それに伴う労働者への賃上げなどが評価された結果といったことが考えられています。しかし、政府によるデフレ脱却政策、そしてリスクをとってリターンを求めさせようとする積極的な意識改革が、外国人投資家たちに好意的に評価された結果だということも留意する必要があります。また、これに加えて上場企業に対し、企業経営の透明性を高めさせるような改革が行われていることも好意的に受け止められています。

外国人投資家たちが日本企業の株式を買う場合、彼らは持っている自国の貨幣を日本円に替えるわけですから、円高が進んでいくのでなないかという疑問がありますが、彼らの多くは円に換えて株式を購入するのと同時に、円を売って為替のリスクを負わないようにしているため、円高は起こりにくいというのが現状です。つまり、今のところ円安と株高はセットとなっているということがいえます。

日本企業の株式を購入しても、円高にはならないのは、残念ながら外国人投資家たちからすると、日本円が安全な資産として世界中で評価されているというわけではないからともいえます。特に現在、銀行では金利がほぼゼロとなっている状況なので、これが続く限り、日本円を買って日本円で資産運用をしようとする人はなかなか現れないという見方が大勢です。